2014年6月19日木曜日

消費税が上がって原画料は上がったか?

消費税が上がって原画料は上がったか?

2014年(平成26年)4月1日
 消費税が5%から8%に上がりました。

 あなたが4月1日前後に、同じ作品の原画を描いていたら、自動的に128円ていど原画料が上がったはずです。1カット4,500円の作品ですと、計算式は下のようになります。

(原画1カット)4,500÷105(原画料+消費税5%)×108(原画料+消費税8%)=4,628円。

 みなさん、原画料上がりましたよね? え、上がっていない? おかしいね。スーパーでもコンビニでも消費税分値上がりしているのにね。

「消費税が上がったのに、どうして原画料は上がらないんだろう」って、少し考えてみたほうがいいと思うよん。なぜなら「どうして?」と、疑問を持たない限り、原画料に消費税率が反映されることは永遠にないからなんです。


 だいぶさかのぼりますが、アニメーション業界での消費税についてお話しします。めんどうな部分は割愛したので、別にむずかしくないです。読んでね(^^)/

 アニメーション業界では消費税が導入された当初から、個人からの請求には消費税を払わず、その分を会社の利益にする方式がなんとなくスタンダードになっています。
 最初の消費税は3%でしたから、もともと収入の少ないフリーのアニメーターにとってそれほど気になる金額ではなかったということもあったのでしょうね。

「ギャラに消費税を付けてほしいのねん」
 と、あのときアニメーター側から言わなかったことが、今現在、そして今後、消費税率が上れば上がっただけ、「あとの祭」問題になっていくのです。
 次回の消費税増税で消費税はついに10%にまで上がります。そうすると、ある程度の収入があるアニメーターにとって、消費税分をもらえるかもらえないかは、気にならないといってはいられない金額になります。月収が50万円なのか55万円になるのかは、けっこう大きな違いでしょう?

  アニメーション業界の制作部、経理は長い間、消費税について次のような立場を取り、説明をしてきました。
 ・制作会社は、下請けの株式会社や有限会社の作画スタジオ等には消費税を払う。(神村メモ ※これは下請け会社が法人税法で経理をするため、消費税を払わないわけにはいかないからです)
 ・しかし個人に消費税を払う必要はない。

 ・・・とね。

 個人に消費税を払う必要はない、というのは間違いです。消費税法のどこにそんなことが書いてあるのか、その根拠を明確にしてもらいたい(^^;)
 税法上は法人であれ、個人であれ、ギャラに消費税を加えて支払いをしなければなりません。
  制作会社の経理がその程度のことを知らないはずはありません。ではなぜ、個人の請求には消費税を付けてくれないのかといえば、それは当事者であるアニメーターたちから、なんの文句も言われないからです。
「消費税を付けるのは会社からの請求だけなんだよ。個人は該当しないよ」
 と制作や経理に説明され、
「あ、そうなんですか」
 と鵜呑みにしてしまうアニメーターたちの不勉強さにも、ある程度の問題はあるでしょう。
 そうはいっても!

 税法に詳しいはずの経営者や経理が、「相手がくれと言わない金を、わざわざ払ってやる必要はないよね」と思っているとしたら、それはいささか情けない、というか、せこいのではないですか。
 とはいえ、消費税導入当初から、個人への支払いに、黙っていても消費税分を上乗せして支払っていたシンエイ動画のような例もあることはあった。

 ちなみにアニメーション業界以外で仕事をしてみると、個人への支払いに消費税を外税で付けてくるのが社会の常識だとわかります。雑誌にイラストを描いたり、イベントで講師をした場合などですね。
 
 アニメーション業界って非常識なのですよ。

 消費税が導入された時、いずれ3%の税率は徐々に上がり、イギリス、フランスのように15%、20%となっていくであろうことは、誰もがわかってはいたのだった。わたしも当然そうなると思った。
 ということは、今は3%なので原画料にそれほどの差は出ないが、これが仮に10%になったなら、年収100万円と110万円では大きな違いが生ずるなァ、と考えた。
「消費税分はちゃんともらわないといけないな」
 と、わたしはそのとき思ったんである。だからわたしは、請求書には必ず外税で消費税を加えることにした。すると請求したままの金額を振り込んでくる会社もあった。まれにね(笑)
 しかし、ほとんどの会社は、請求書を出した本人になんの連絡もないまま、当然のように消費税分を引いた金額を振り込んで来たんだナァ、これが。
 請求書の金額より少ない金額に変えて振り込みをするなんて、常識で考えたらあり得ないでしょ、あなた。普通なら絶対に問題になりますよね。アニメーター、なめられすぎですよ。

 わたしの場合、税務署にいろいろ教わった上で、外税の消費税額を加えた請求書を提出しています。税務署の説明および対応は人により様々で
「消費税を払わないのは税法上の違反行為です。会社名を教えて下さい。経理部に行政指導します」
  という方や
「残念ながらそこは力関係になるでしょうね。あとで消費税分は内税だと言われるケースもあります。1000円でしていた仕事が、消費税が上がってもおなじ1000円のままというのは、実質的に一方的な賃下げをしてきているということです。商道徳的にも、税法的にも問題のある行為だと思います。しかし、それでも仕事をもらいたい、という状況が存在することも確かです」
 と、現実的な説明をしてくれる方もいらした。

  つまるところ、アニメーター側がどのような対応を取るかは、自分次第だということですね。

 さて、消費税分をスルーされたわたしは、担当プロデューサーや経理に電話して
「最初に内税と聞いていないから、消費税分がほしいなー。収入が安定しないアニメーターにとって、これは大きな金額なのよん」
とお願いした。するとこのとき複数の会社が似たような説明をしたのだが、
「個人の場合、2,000万円以上の収入がある人にだけ消費税を払うと決まっている。2,000万円以上の収入があることを証明する文書を提出したら、消費税を払うよ」
・・・だって。

 あのね、そのような決まりは存在しませんから(^^;) いったい誰がどこで、そんなことを決めたのよ、って感じ。
 
 でもその説明は、論理的には「原画料の消費税は外税です」と認めていることになるのよね。消費税は、収入額に関係なく払わなければなりません。というより、アニメーターなんて収入少ないんですから、消費税分くらい払ってあげてほしいのことよ。

「税務署はそんなこと言っていませんでした」と何度、各社の経理に教えてあげたことか。
「やーね、ホントは知っているくせに」
 なんて、決して言いませんでしたよ。わたしの目的は消費税分を正当にいただくことであって、経理の揚げ足を取ることじゃありませんからね。
 そのようにしてわたしは制作会社に交渉し、消費税分をほとんどの会社からもらっていました。「特別に払うから、他の人には言わないでね」といった会社もありました。

「わたしは消費税分、もらっているよ。言えばくれる、言わない人にはくれない」
 だから、みんなもらえばいいのに、とアニメーターたちにも勧めました。でも、皆さん、なかなか動かない。たしかにめんどうなので気持ちはわかるのだが、前例を作らないとなにも変わらないのが世の中だ。

 これを読んでいるアニメーターたちのみなさん、誰か消費税をもらってみませんか。前例は作っておきましたので(^^)

  最初の話に戻りますが、消費税が5%から8%に上がったまさにその時、同じテレビシリーズを続けていて、1カットの原画料が変わらなかった人が必ずいると思います。
 それ、おかしいと思いませんでしたか。本来なら消費税額3%分だけ、原画料が上がるはずなのです。こういうあからさまな状態に遭遇することはめったにないと思う。そういうときくらい「消費税上がったから、ちょっとだけ原画料もあげてほしいのねん」と制作さんにお願いすることは、力関係がどうであれ、まったく問題はないと思いますよ。






7 件のコメント:

  1. 会社は消費税を払っていないのではなく、内税として消費税込みで支払っているだけですよ。
    消費税を内税にするか外税にするかは、最初の契約交渉時に決めるものです。
    売り上げが1000万円以下の個人は消費税の納税を免除されているので、内税で計算するのが普通だと思います。
    もし外税で払ってもらえたら、むしろ受け取った側が消費税分丸儲けです。
    ただ、請求書の金額が間違っている(外税になっている)場合は訂正を求めなければいけないので、無視して内税で処理するのは問題が有りますね。

    返信削除
  2.  難しい問題ですね。

     個人的には、消費税を納めていない人(売上が年間1000万円以下の人は納税が免除される)で、かつ税の知識に乏しい人の場合、(法律で定められているとはいえ)納めもしない消費税を全額請求して自分の利益にできるよう主張するのは、度胸がいることではと思います。必要経費で支払っている消費税分だけを請求、なんてことが簡単にできるなら、心理的にもやりやすいと思いますけどね。
     ただ、この国税庁のHPの内容(https://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6455.htm)からすると、企業側が今回の増税で原稿料を3%上げていなければ、その分は企業の利益になっているハズですので(すいません、私もあまり知識はありません)、これをたてに値上げ交渉をするのはやりやすいのではと思います。

    返信削除
  3. お二人とも、それぞれの立場でご意見をありがとう(^^)/
    また気づいたことがあれば教えて下さい。

    返信削除
  4. 1点だけ
    >受け取った側が消費税分丸儲けです。
    そんなことはないですね、
    みなさんの労働力を生み出すための色々な物に既に消費税がかかってますよね?
    コンビニやスーパーや本屋とかで消費税払っていない人はいないですよね?
    (まあ本来なら、経費や仕入れにかかった消費税と言うべきですが)
    貰った消費税から、それらで支払った消費税引けばどれくらい残りますかね?
    収入から年に100万ぐらい消費せずに残せた人なら、8万円ぐらい丸儲けと言えるでしょうけど
    あと、本来なら、会社に対して増えた税金分を請求しても、請求先会社の「総支払消費税額」は変化することはないので(仕入分の消費税はひかれる為、国に払う分が減る)国に払うならこっちにくれ、でいいかと、内税にしていても何もいいことはないデス

    返信削除
  5. フリーの某アニメーターですが仕事をしている3社のウチ1社は「次回請求から外税で」と4月頭に連絡がありました。残りの2社は内税ですが言えばきちんとやってくれるみたいですね。

    返信削除
  6. 増税時期をまたいで継続して受諾している仕事に関して、増税による請求額の調整を行う事を「転嫁」というそうです。
    http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/pamflet/2013/131225syouhizei.pdf
    この「転嫁」の要求を拒否することは法律で禁止されたと書かれています。
    上記資料を渡して、それでもだめだったら公正取引委員会に相談してはいかがでしょうか。

    ・転嫁拒否等の行為の是正、転嫁カルテル・表示カルテルに関する問い合わせ先
    公正取引委員会取引企画課……03-3581-5471(代表)

    神村さんは消費税を貰っていないと書かれていますが、
    経理の資格に消費税の知識は必ずしも必要無いらしいので、単純に経理の方が良くわかっていないだけで税理士さんが内税で処理しているのかもしれません。
    あからさまな脱税なので、さすがに消費税を払っていないという形にはなっていないのではないかと思います(どうしても、アニメータは消費税を払われていないという表現は正確ではないと感じてしまいまして。。。)
    内税の場合、消費税額を表記しない請求書も普通にあるようです。

    アニメーター側の貰いすぎ(益税)に関しては下記ページがわかりやすいです。
    http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/consumption/112.htm
    アニメーターさんに仕入は無いと思うので、主に経費ですね。
    交通費が支給ではない場合は交通費にかかった分の消費税、
    書関などの購入費、映画や旅行などの取材費、他者アニメーターと情報交換した際の飲み代(接待費・会議費)などなど、経費として計上している分にかかっていた消費税よりも多い分がもらいすぎ(益税)になります。普段の(経費ではない)消費は関係ありません。

    でも、この益税は解決すべき問題だと ”国が認めている合法な貰い過ぎ” なので、遠慮せず貰って良いものです。
    会社にとやかく言われる筋合いはありません。

    そういったことを踏まえたうえで交渉できると良いですね。

    返信削除
  7. みなさん、よく勉強していますね。頼もしいことです(^^)/
    外税でもらえることになった方は、次回の消費税増税のときも自動的に収入が増えることになりますよね。
    5,000円でも10,000円でも増えると本当に助かりますから、よかったですね。

    返信削除